お知らせ

睡眠障害で悩んでいませんか?

最近、疲れやすさを感じたり、寝起きがすっきりしない…

こんな症状はありませんか?

もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

睡眠時無呼吸症候群とは?
眠っている間に呼吸が止まる病気です。
同じ部屋で就寝している人の睡眠を妨げるような大きないびきをかく人の7割
に当てはまると言われています。
気道が何らかの理由で塞がってしまい、呼吸ができない無呼吸状態になります。
寝ている際の症状
激しく大きないびき
いびき(呼吸)が10秒以上、時には60秒くらいとまり、再度激しいいびきが出現
その繰り返しが見られる
ほおっておくとどうなるか
血液中の酸素が不足する状態になり、心臓に負担がかかり、以下の病気の発症や悪化の原因になります。

また、昼間の眠気による生活上の危険性も増えます。

 

高血圧症/心筋梗塞/脳卒中/糖尿病/
居眠りによる自動車事故、仕事上のトラブル/生活の質の低下

まずは受診を
日本の一般成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいるとの
推計が厚生労働省でも発表されています。 「最近不眠気味かな?」「家族からいびきがひどいと指摘された」など心当たりのある方は
ぜひ一度睡眠外来へご相談ください。


指宿さがら病院には睡眠時無呼吸症候群や不眠症の方のための「睡眠外来」があります。
睡眠外来についてはこちら

睡眠外来Q&A
受診時間はどのくらいかかりますか? 受診は通常の診察と同じように行います。まずは睡眠障害があるかどうかなど簡単な問診をさせていただきます。
受診は保険適用ですか? 保険適用となります。
検査時間はどのくらいかかりますか?

自宅での就寝時に行うので検査のために入院してもらう必要はありません。

簡易検査用の機械を貸し出します。

操作も簡単で貸し出し時に説明があるので誰でも使えます。

検査は保険適用ですか? 保険適用となります。
どんな治療を行いますか?

就寝時に鼻にマスクを装着し、睡眠中空気を一定の圧で送り込む器械を用いて
症状の改善を図るCPAP:シーパップ(持続陽圧呼吸)治療を行います。

*月に1回の定期受診が必要となります。

治療は保険適用されますか?

保険適用となります。健康保険適用の場合月約5,000円(3割負担)です。

(※基本的にシーパップによる治療費と定期受診費のみ)

※保険適用は人によって異なる場合もあるので、ご確認ください

 

いびき・寝起きの悪さ・日中の強い眠気など

睡眠時無呼吸症候群のご相談はコチラまで。

TEL 0993-22-3079

 

スタッフブログを更新しました

今回は、検査室からの投稿です。

 

X線CT装置更新のお知らせ

平成26年3月25日、2列から16列のCT装置へ更新いたしました。

 


3 / 5 ページ
  • 外来でご利用の方
  • 入院でご利用の方
  • 在宅でご利用の方
  • 診療科のご案内
  • 生活習慣病でお悩みの方へ
  • 各種検診で病気の予防・早期発見
  • スタッフブログ
  • 当院で可能な検査
  • 地域連携室
  • 介護サービス

このページのTOPへ